井上ひろこプロフィールとブランドコンセプト


井上ひろこから皆様へ

サンキャッチャー・クリエイター/クリスタルアーティスト 井上ひろこ近影

私、井上ひろこは、クリスタル・アーティスト / サンキャッチャー・クリエイターとして、光の輝きと色彩を織り交ぜたサンキャッチャーに代表されるクリスタルアートの創作やワークショップ活動に携わっています。

自分自身のキャリアを振り返ると不思議と様々なシーンでクリスタルに縁があり、現在のクリスタルアート創作に紡がれていると感じています。

そして、私の主宰する「Crystal Lei Hiroko」では永年培ってきたクリスタルを初めとするジュエリーと、貴石に関する経験と知識を活かして制作する高品質な作品を顧客の皆様に日々ご提供しています。

井上ひろこ署名

サンキャッチャー・クリエイター/クリスタル・アーティスト 井上ひろこ略歴

東京都出身
東京女子大学短期大学部英語科
中央大学法学部
米国クリスタルアカデミー認定 上級ファシリテーター
英国オーラソーマ社公認 プラクティショナー
日本FP協会認定AFP ファイナンシャルプランナー

1990年代

日産ミスフェア・レディとして国内海外のイベントで活躍。
欧州や北米で美術品や歴史的産物を巡る約2年に渡る海外生活を過ごす。

2000年代

宝石サロンやジュエリー専門店などで宝石に関する業務に従事

2010年以降

AKASAKA JEWELRY DESING SHOOL 宝石鑑別科卒業
米国クリスタルアカデミー認定 ファシリテータ
宝石やクリスタルの知識と造詣をいかしたクリスタルアート作品を創作。

2014年

海外からのオーダーを中心に2014年現在までに100作品以上を手がける。
Crystal Lei Hirokoブランドを主宰。
クリスタルやサンキャッチャーに関するセミナーを随時開催。

サンキャッチャー・オーダーメイド

Crystal Lei Hiroko のクリスタル・サンキャッチャーについて

天然石、宝石を含む鉱物は、地球上で何万年もの時間をかけて形づくられてきました。鉱物は、植物、動物、そして私たち人間と同じようにこの地球上で暮らす仲間とも言えます。私たちが立っている大地や、地球そのものが鉱物であることを考えると、私たちは常にその恩恵を受け、エネルギーを与えられています。

普段あまり意識をしませんが、鉱物たちはいつも私たちを助けてくれる存在です。今やコンピューターのチップや医療用のレーザー、時計(クオーツ)など先端技術に欠かせないものとなっているのが、水晶をはじめとする鉱物、石たちなのです。このような計り知れないパワーをもつ石たちは、非常に長い期間をかけて成長を続けるので、形があまり変わることなく存在しています。

人間の寿命は、昔に比べて長く生きることができるようになったといっても、せいぜい110年を超えるかどうかといったところでしょうか。また、植物の最長老としては、神社のご神木などがありますが、このような樹齢が長いものでも何千年というところです。それに比べて、鉱物としてのクリスタルたちは地球上に何万年と長く存在しているために、非常に安定した波動をもっています。

これらの鉱物の中から選ばれて磨かれた天然石や宝石を身につけていると、私たちが言い知れぬ安心感を覚えるのは、そのような理由にもよるところが大きいです。普段から石を好きな方であれば、このような感覚はすでに実感されていることでしょう。身につけるだけではなく、部屋にインテリアとして置いているならば、空間全体に良い影響を与えていることになります。ひとつ飾るだけでも、家全体に「安定した自然体の波動」をずっともたらしてくれているのです。

井上ひろこサンキャッチャー2013年の作品そのような空間に良い影響を及ぼすことができるインテリアとして、天然石をもっと身近に使えないだろうか。そのような考えから制作したのが「Crystal Lei Hiroko」のクリスタル・サンキャッチャーです。水晶などの天然石を使用するときは、それぞれ意図をもって用いることが非常に大切です。

なぜなら、石にはプログラミング機能があるので、自分の願いや夢があればそれを記憶させると、石はぶれることなく常にそれらを宇宙に発信し続けてくれるのです。自分の思い描く自分の成功の姿を石にプログラミングすることで、もっと早く、理想の自分を具現化していくことができるでしょう。

家は、一日の中で一番長い時間を過ごす場所です。その空間のエネルギーの良い悪いは、非常に影響を受けています。自分の大切な空間に太陽のエネルギーを取り込んで、エネルギーの良い流れをつくりましょう。「Crystal Lei Hiroko」のクリスタル・サンキャッチャーが放つ、キラキラと動く、虹の光から、自分を取り巻く環境のエネルギーが変わっていくのをあなたも実感してください。

NEXT:>