一流芸術家のサンキャッチャー


光を捉え、色を与える

2013年にニューヨーク、マンハッタンのチャンバーズ・ストリーにあるシティホールパークにて「Lightness of Being」というパブリック・アート展が開催されました。ここでは、11人の国際的なアーティストによる『奇抜で視覚に訴える発明的な』(whimsy and visual invention)作品が公園内に展示されました。

そのなかでひときわ目立った作品が、フランス現代アート巨匠のダニエル・ビュレンヌ氏が発表した作品が 「Suncatcher, 2013」です。シェードのようなオブジェの日よけ部分がステンドグラスのようになっており、透過した太陽光が路面にカラフルな色を映し出す色鮮やかな作品です。

現代フランスを代表する作家ダニエル・ビュレンヌ氏が「Suncatcher」という名称をつけたその意はなんだったのでしょうか?その手がかりとして同氏の近年の作品を調べていくと、興味深いメッセージにたどりつきました。

パリのグラン・パレは、1900年のパリ万博のメイン会場として建てられた美術館です。鉄骨とガラス張りのドーム屋根が有名な本堂であるモニュメンタでは、2007年より現代アートイベントがおこなわれています。

2012年、グラン・パレのメインエントランスはダニエル・ビュレンヌ氏により、まるで巨大な万華鏡のような光と色彩に包まれました。同氏の作品を展示するにあたりこうインタビューで話しています。「このグランパレの身廊という巨大なスペースの空気を彫り、そこに形を与え、光を捉え、色を与えるということをしたかった」先出の「Suncatcher, 2013」にもおそらく同様のメッセージが込められていると推察すると「光を捉え、色を与え、その場の様相に変化を与えるもの」が「Suncatcher」の本質であると、現代アートの巨匠は唱えているいえます。